メタルラック組み立て

どのメーカーも組み立て方法はほぼ同じようですので、
エレクターシェルフの組み立て方法を参考にしてください。


@ポスト(柱)、Aシェルフ(棚)、シェルフに付属のBテーパー(4組付)、
この3つを基本に様々な収納が作れます。

●こんな収納が作れます。
押入れ収納、TVボード、リビングボード、パソコンデスク、キッチンボード、
レンジ台、本棚、ワードローブ(クローゼット)、シューズラックなど。

棚に乗せる物の大きさに応じて25.4mm(1インチ)ピッチの目盛り、
あるいは約20cm毎に印されたダブルラインを目安にして、
棚の取り付け位置を決めます。この時、マーカーなどでポストに印を
つけると便利です。ポストは先端にボルトがある方が下になります。

@ポスト(2本1組)の溝に、シェルフに付属しているBテーパーを
合わせ、両方を“カチッ”と、はめ込みます。
ポスト4本の同じ位置にテーパーを付けたらAシェルフ(上写真)の
四隅にある穴にポストをくぐらせるとテーパーの位置で留まります。
ポストは先端にボルトがある方が下になります。

ポストにシェルフをくぐらせたら・・・・
4本の@ポストに取り付けたBテーパーにAシェルフが留まったら、
シェルフをグッと押してテーパーの上にシェルフがくるようにして下さい。
この作業は素手でできますがホームセンターに売っている
ゴムハンマー(ゴムは金属を傷めない為)を使用すると、取り付け、
取外しが楽です。

作業のコツ!!

1. 2人で作業することをおすすめします。
組立方法は簡単ですので、小さいものでしたら1人でも楽に組めますが、高さが190cmや160cmなど高い場合ですと、組む際にスペースを取り、組むのも大変です。またシェルフやポストが倒れたり、することでお部屋に傷が生じる場合も有りますので、2人で作業をおすすめします。

2. 作業する前に組む順番を確認しましょう。
最初に組む順番を確認しておくことをおすすめします。
順番を間違えたらまた取り外さなければいけないので面倒です。
もし間違えてしまった場合、取り外す際にゴムハンマーがあった方が楽にできます。
(組むときはそれほど力は要らないのでゴムハンマーは無くてもOK。)

3. 作業するスペースを作ることをおすすめします。
エレクターは金属製品なので丈夫ですが、手がすべった拍子にまわりの物を破損させてしまうかもしれません。ある程度スペースを作って、割れ物などを近くに置かないようにしてください。
フローリングの場合、毛布や厚手のタオルを敷いて作業して頂いたほうがいいと思います。
posted by メタルラック at 16:09 | メタルラック組み立て

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。